ポジションの不一致

育児を終えてから復職される看護師の方でよく見られるのが、年齢とポジションの不一致です。見た目はそれなりにスキルがあり役職を頂いているように見えますが、長くブランクを持っていれば殆ど新人と変わりません。患者さんから見ると頼りになる人と思われてしまうため、不一致によるトラブルも少なくありません。また、ブランクがあり殆ど新人と変わらない状態の際には、場合によっては年下の方が先輩になってしまう事も。長くブランクがある方は注意しましょう。
長い間看護師の仕事から離れていた方は、年下の方から教えてもらうことができるのか?という面も重要となって来ます。年齢的なプライドは捨てて、年下の方に対しても先輩として対応できる人が向いています。年齢的な格差があれば考え方の違いもあって当然です。そう言った面を乗り越え一から学ぼうとできる向上心のある方は、ブランクが何年あっても転職を成功させることができます。
また、患者さんに対してもわからない事はきちんと「わかりません」と言えるような素直さも必要でしょう。年齢的なプライドを捨てて、位置から学びたいと考えている方が転職に向いています。医療の現場はミスが命取りになる事もあり、コツコツと新しい医療を習得していきましょう。